自然素材 × 快適空間
関口建設株式会社

NEWS & BLOGお知らせ&
ブログ

断熱・省エネ

断熱のポイント 住吉Tさま邸

  • #住吉 Tさま邸

関口です(^^)

関口建設で使用している断熱材は、グラスウールです。

グラスウールとは、ガラスを繊維状にした綿菓子のような見た目のものです。

そのガラス繊維の塊をポリエチレンフィルムで覆っているものと、覆っていないものがあり、
断熱材としては一般的には覆っている方を使います。

この違いは、またの機会にブログにアップします。

グラスウールは、主に充填断熱に用います。

 グラスウールを入れる(充填)するポイントは、
外部と内部を断熱材で隙間なく縁を切る!

これに尽きます。

小さな隙間も隈なくグラスウールを入れていきます。

最近は、お客さまの環境意識の高まりもあり断熱性能が高い住宅が増えてきています。

しかし、断熱性能が上がれば上がるほど、こういったちょっとした隙間とかを見逃してしまうと、
そこにいろんな不具合が集中してしまうので注意が必要です。 

また、外壁の出隅部分は、断熱のウィークポイントになるので特に気をつけます。

外壁の出隅部分は下の絵のように、2方向からの冷気(熱気)が集中します。

建物の北側の出隅部分に押入や収納がある場合、カビが生えやすいのはこのためです。

TOP