自然素材 × 快適空間
関口建設株式会社

NEWS & BLOGお知らせ&
ブログ

外装

屋根ルーフィング張り 下大野町Nさま邸

  • #下大野町 Nさま邸

屋根のルーフィングを張り始めました。

今回の屋根材は、ガルバニウム鋼板立平葺き。

屋根勾配はお客さまのご要望と外壁の納まりの都合で“1寸”と、かなりの緩勾配。

屋根勾配の詳しい説明はまたの機会にしますが、
数字が小さいほど勾配が緩く、普通の瓦葺き屋根でだいたい4~5寸勾配です。

仕上げの屋根材によって、できる勾配が決まってて、
ガルバニウム鋼板の立平葺きとか瓦棒葺きとか折板葺きであれば

緩い屋根勾配にすることが可能です。
とはいえ、屋根勾配は緩ければ緩いほど雨漏りの危険性が高まります。

デザイン的にはカッコいいですけどね。

で、こんな場合は少しでも雨仕舞いを良くしようと、
普段はステープル(ホッチキスのこと)で留め付けているルーフィング(屋根の防水用の下張り)ですが
のり張りのものを使うようにしています。

これがなかなか大変でして(^^;

ステープル留めであれば、一人でできる作業が、のり張りの場合は2~3人必要になります。

でも、これでステープルの穴を気にせずいけるので安心です。

ルーフィング張りのときには、その他にも、
外壁の下地に張る透湿防水シートと防水層が連続するように、
透湿防水シートをルーフィングの下にすけ込んだり、細かなところに気をつけた納まりにしてます。

雨漏りさせたくないですからね(^^)

何事も下地が丁寧にしっかりできていれば、仕上げも上手く納まります。

TOP