自然素材 × 快適空間
関口建設株式会社

NEWS & BLOGお知らせ&
ブログ

地盤調査・基礎工事

土台敷き 二見町Nさま邸

二見町N様邸で土台敷きが始まりました。

基礎コンクリートと土台の間に敷いてある黒いものを、基礎パッキンといいます。

ひと昔前は基礎パッキンではなく、床下換気口を設け、基礎に直接土台を載せていました。

基礎パッキンの役割は、基礎の水分が土台に浸透して腐らないよう縁を切ることです。

また、従来の床下換気口よりも換気量が多いので、
床下の湿気が溜まるのを防いでくれる役割があります。

床下を常にドライに保つことで、シロアリの被害を防ぐことにつながるわけです。

耐震診断に行くと、古い家の基礎には、必ずといっていいほど
床下換気口廻りで基礎にひび割れ(クラック)が生じていますが、
基礎パッキン工法は、クラックの発生を防ぎ、耐力を向上させる役割も担っています。

近年はこの基礎パッキン工法が主流。

TOP