自然素材 × 快適空間
関口建設株式会社

NEWS & BLOGお知らせ&
ブログ

日記(ダイアリー)

杉の床板 上中町Oさま邸

  • #上中町 Oさま邸

上中町O様邸では、現在、杉の床板を張っています。

いいですね~杉板!大好きです!

私が好きでも、選ぶのはお客様なんですけどね(笑)

「杉は柔らかいのですぐ傷がつきませんか?」と、よく聞かれます。

その通り、杉は傷がつきやすいので、傷を敬遠される方には注意が必要です。

気になる方は、硬くて傷がつきにくい広葉樹の方がいいかもしれません。

ちなみにカバ(バーチ)、ナラ(オーク)、チーク、タモ、サクラ、メープル、
ウォールナットなどが広葉樹。桧(ひのき)やパインは針葉樹です。

柔らかい杉には、「温かい」という大きな特徴があります。

それは、組織の中にあるたくさんの空洞(空気層)が断熱材の役割をするから。

実際に触って比べるとすぐに分かりますが、
空気をあまり含まない広葉樹や、無垢木の特性を殺した合板フローリングは、
硬くて傷がつきにくいけれど、冷たく感じてしまいます。

日本の暮らしは、靴を脱いで生活する文化。

靴を履いた生活ではないので、硬い床板を必要としてきませんでした。

冬は暖かく夏はサラッと涼しい足(肌)触りのいい杉板は、
足への負担が少ないため、転びやすい子供やお年寄りに優しい材です。

多少の傷なら水分を吸収させることで復元できますし、
経年変化でツヤが出て、だんだんと風合いになっていきます。

とはいえ、床暖房を導入したい方には、膨張や収縮を繰り返して動く無垢板よりも
合板フローリングの方が向いていますし、予算的なものもあります。

手入れが簡単な方がいいとか、掃除しにくいのは嫌ということもあります。

私は杉をおススメしたいですが、選ぶのはお客様なので、
長所も短所も木の特性を知った上で決めて頂きたいなぁと思います。

TOP