自然素材 × 快適空間
関口建設株式会社

NEWS & BLOGお知らせ&
ブログ

地盤調査・基礎工事

地盤改良工事の種類 住吉Tさま邸

  • #住吉 Tさま邸

関口です(^^)

木造住宅の地盤改良をする場合、
徳島で採用される工法は主に2つで、

(1)湿式柱状改良

(2)砕石パイル

がほとんどです。

工法の詳しい説明は、ネット上にたくさんあるのでここでは省くとして、
今回は湿式柱状改良で地盤改良工事を行いました。

写真の杭頭の深さが深いところは、建物の外周部分と2階の外壁がのる部分で
基礎の深さが深いところ、杭頭が浅いところは、
ベタ基礎の中の立ち上がり部分で間仕切り壁がのる部分です。

今回お客さまが湿式柱状改良を選んだ理由は、
この2つの工法のメリット・デメリットを比べた結果でした。

湿式柱状改良のメリット

工法が確立されていて安心

何らかの原因で写真のように基礎の下の土砂がなくなっても、
湿式柱状改良であれば家が傾くことはありません。

砕石パイルのデメリット

想像がつくと思いますが、砕石パイルの場合は砂利なのでこうはいきません。

それが砕石パイルのデメリットです。

湿式柱状改良のデメリット

家を解体する時、柱状改良体を引き抜かないといけないのでコストが高い。

砕石パイルのメリット

砕石パイルは、天然の石を使っているので、家を解体するとしても、
地中にそのまま置いておいても大丈夫です。

また、工事の費用も湿式柱状改良よりも安く済みます。

これが砕石パイルのメリットです。

他にもたくさんのメリットデメリットがありますので、
工法の選択に困った時はいつでもご相談ください。

TOP