自然素材 × 快適空間
関口建設株式会社

NEWS & BLOGお知らせ&
ブログ

日記(ダイアリー)

キッチンのワークトップ(天板)を選ぶポイント 二見町Nさま邸

  • #二見町 Nさま邸

関口です(^^)

お客さまと水まわり商品を決めるためにショールームに行ってきました。

今回決めたのは、キッチンとお風呂とトイレだけ。

洗面化粧台は、1階2階ともに造作をご希望なので、また別の機会です。

ショールームでお客さまをご案内しているときに、
キッチンのワークトップ(天板)はどれにすればいいですか?

とご相談いただくことが多いので、今回はワークトップについて紹介します。

キッチンのワークトップには、代表的なものが2種類あります。

人造大理石(人工大理石)とステンレス

さらに、シンクとの組み合わせも含めると3種類に分かれます。

 ①ワークトップもシンクも人造大理石

 ②ワークトップが人造大理石、シンクはステンレス

 ③ワークトップもシンクもステンレス

それぞれのメリットとデメリットを簡単に説明すると・・・

①ワークトップもシンクも人造大理石

メリット

 ・デメリットは多いけど、そこは我慢してでも採用したいと思うほど見た目がオシャレ

  (TOTOのクリスタル系などは本当にキレイです)

 ・ワークトップとシンクの継ぎ目がシームレスで衛生的

デメリット

 ・熱や色落ち、シミなど何かと気をつかう

 ・重いものや硬いものを落とすと割れることがある

 ・ワークトップとシンクが一体成形でなく継ぎ目があるものが多いため、

  その場合は将来的にその継ぎ目部分に不安がある

②ワークトップが人造大理石、シンクはステンレス

メリットとデメリットは①と同じで、それに加えて、

デメリット

 ・ワークトップとシンクの継ぎ目があり、そこに汚れがたまりやすい

③ワークトップもシンクもステンレス

メリット

 ・細かいことに気をつかわずに使える

 ・ワークトップとシンクが一体成形でシームレスで衛生的

デメリット

 ・見た目がいまいち古臭く感じる

  (トーヨーキッチンのステンレスワークトップはめちゃくちゃオシャレですが)

こんなところがどちらのワークトップを選ぶかの基準になってくると思います。

TOP