自然素材 × 快適空間
関口建設株式会社

NEWS & BLOGお知らせ&
ブログ

内装

杉材で本棚づくり 北田宮Mさま邸

  • #北田宮 Mさま邸

関口です(^^)

内装の造作に使う杉の板材を、

那賀川町にある製材所まで引き取りに行ってきました。

関口建設で使っている杉材は、主に那賀川流域で取れるものです。

現在は、徳島県内で取れる杉材は、「徳島すぎ」というブランド名で統一されてしまいましたが、
一昔前までは、那賀川流域で伐採される杉材は「木頭杉」としてブランド確立されていました。

ここの杉は、他所の杉と比べ赤身が多いことで知られています。

杉の赤身は、シロアリに強く腐りにくい性質があるので、柱などの構造材に適していますが、
今回は、さわり心地の柔らかさを活かして内装用の造作材として使う分を仕入れてきました。

杉板を使って、↓このような本棚も作ることができます。

TOP